政策

命と平和を守る

・横浜市の各種相談窓口を充実させ市民との連携を強化し、孤独死や過労死や自殺、 虐待を防止する。
・ガンや難病などの医療相談窓口を拡充し在宅治療での不安を軽減する。救急医療体制を充実させる。
・戦争参加に直結する憲法9 条の改悪を許さない。横浜から平和憲法を守り活かす運動をすすめる。
・横浜港・大さん橋で、ミサイルや護衛艦などの軍事展示をさせない。平和な港町ヨコハマをアピール。

人をささえる

・保育園の定員増と質の向上をはかり保留児童を解消し、子育て支援を充実させる。保育士の待遇を改善する。
・中学校給食を完全実施する。子ども食堂の取り組みを支援する。
・LGBTパートナー制度を作る。多様な性や生き方への相互理解を深める。
・人に寄り添う就労支援を実施。横浜市公契約条例を制定し最低賃金を底上げする。
・空き部屋を活用し、だれでも地域で暮らせる住宅政策を整える。
・横浜市独自の介護サービスを充実させる。介護職員の待遇を改善する。

よりよいくらしの街づくり

・カジノ誘致に反対。山下ふ頭は市民のいこいの場に。
・地域のつながりを大切にする取り組みを支援し防災に生かす。
・景気の悪化を招く消費税増税に反対。法人と富裕層への課税強化で財源をつくる。
・横浜の農業を活性化させる。横浜産の食材を地産地消して地域経済をつくる。
・再生可能エネルギーの活用で、横浜から脱原発。福島原発事故避難者への支援を充実させる。
・あらゆる差別を解消させる取り組みを行なっていく。だれでも生きやすい多文化共生の横浜を。

inserted by FC2 system